チャンピックスと電子タバコ併用

チャンピックスはニコチンが含んでいない禁煙補助剤と言った特徴が在ります。
一般的に知られる禁煙補助剤には微量のニコチンが含まれており、離脱症状でもあるニコチン切れを抑える作用が在ります。

これに対しチャンピックスはニコチンが含まれていないのですが、服用する事でニコチン切れを抑えてくれる少量のドーパミンを放出するため、ニコチンが含まれていなくても禁煙を成功に導く事が出来るようになります。

しかしながら、チャンピックスは全ての人が100%の確率で禁煙が出来るわけではなく、人によっては途中で服用を止めてしまい喫煙の習慣が戻ってしまうケースも在りますし、チャンピックスを服用するだけでは十分な効果が得られずに喫煙をしてしまうケースが在るなど、失敗するケースも少なく在りません。

所で、禁煙をする場合に利用する人が多いのが電子タバコです。
電子タバコは煙ではなくリキッドを熱する事で生じる蒸気を吸引する愛好品で、国内で製造および販売されているリキッドにはニコチンの成分が含まれていません。

そのため、喫煙の習慣が無い人でもニコチン依存症を生じる事無く、煙草を吸っているような感覚で利用する事が出来るなどの理由からも電子タバコの人気が集まっています。

チャンピックスは他の禁煙補助剤と併用して使用する事が禁じられているのですが、電子タバコは禁煙補助剤というものではないので、チャンピックスを服用して禁煙を行う人の中には物足りなさを感じた際に電子タバコを併用する人もいます。

また、煙ではなく蒸気を吸引するためニコチンが含まれていないリキッドを使用する事でニコチン依存を防止できるなどのメリットも在りますし、個人差は在るものの電子タバコを併用する事で禁煙の成功を収めている人も多いと言われています。